パイロット iroshizuku(色彩雫)より「夕焼け」のご紹介

あなたは万年筆のインク、何を使っていますか?

今まであんまりインクのことについては記事にしてこなかったので、これからはインクのことも書いてみようかと思っています。

第一回目は、パイロット社の色彩雫(いろしずく)シリーズから「夕焼け」を選んでみました。

パイロット社のオリジナルインクに、iroshizuku(色彩雫)というシリーズ。

「色雫」ではなく「色彩雫」と書いて、「いろしずく」と読みます。

風景や情景を表す言葉を名前につけているのが特徴で、20数色の多彩な色が楽しめます。

今回はその中から、「夕焼け」(INK-50-YU)をご紹介します。

色彩雫

 

一つ一つ手作りで作られているというビンです。
僕はこのビンを見ると、お酒のボトルを思い浮かべてしまいます。

ink_yuyake02

底には窪みがあります。

このくぼみの形状も、ボトル一つ一つ違うんです。

 

ink_yuyake03

プレラにコンバーターCON-50をつけて吸い込んでみました。
ゼリー状に見えますが、ちゃんと液状です。

ink_yuyake04

色を比べてみました。
左がプレラで書いたもの。真ん中は広く塗ってみたもの。
右側が水性ペンのオレンジ色で書いてみたものです。

オレンジ色に近い色ですが、夕焼けの方が若干淡い感じの色になります。

 

ボトルに入った状態だと赤っぽく見えますが、実際にはきれいなオレンジ色です。

ink_yuyake05

薄めの色合いなので、万年筆ならではの濃淡もよく見えます。

この夕焼け、今回はMニブのプレラに入れましたが、個人的には、FやEFの細いニブで使うとすごく合うように感じました。細字のペンが空いていなくて、今回写真がないのが残念ですが…

パイロットの色彩雫(いろしずく)シリーズは、2012年4月時点で全21色。

2013年2月時点で全24色。

夕焼けに似た感じの色としては、
「冬柿」「紅葉」などがあります。

他にも、青系、茶系、緑系とたくさんの色が揃っています。

これからも色々なインクをご紹介していきたいと思います。
最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

前後の記事

週間人気記事ランキング

  1. ラミーの左利き用ニブを買ってみた 19ビュー
  2. パイロット カスタム823:レビュー 見た目とサイズ 18ビュー
  3. パイロット カスタムヘリテイジ91:レビュー サイズと見た目 12ビュー
  4. パイロット カスタム823:レビュー プランジャー吸入機構 10ビュー
  5. パイロット カスタム823:レビュー 左手での筆記 7ビュー

レフティ生活・万年筆編もどうぞよろしく!

姉妹サイトのレフティ生活・万年筆編では、これから万年筆を始めてみようという方のための豆知識や、左利きで万年筆をうまく使う方法、私が実際に使っている万年筆の紹介など他にも様々な情報を掲載しています。ぜひご覧ください!↓

メールやコメントお待ちしております

コメントをいただけるととても嬉しいです!ちょっとしたことでもいいのでお気軽にどうぞ。

メールフォームに入力されたメールアドレスは、当サイト上に公開されることはありません。

左利きや万年筆について、どんなことでもコメントやメールでお気軽にどうぞ!

→メールでのお問い合わせはこちらへどうぞ

2 thoughts on “パイロット iroshizuku(色彩雫)より「夕焼け」のご紹介


  1. はじめまして。
    ブログランキングから飛んでまいりました。
    万年筆は大好きで、たくさん持っているのに、
    左利きは書きづらい、というのは常に付きまとっていたので、
    こんな紹介をされているのに、大変驚きました。
    これからも、参考にさせていただきます。
    それと、パイロットの色彩雫は、今度日本に帰った時は必ず購入したいと思っているインクだったので、とっても興味深い記事でした。
    ではまたお邪魔させていただきます。


    • kzmさんコメントありがとうございます!

      万年筆、どんどん増えるんですよね(笑)

      左利きでもちょっと工夫すると使いやすくなったりします。

      色彩雫シリーズは僕も気に入っていてよく使います。

      これからも色々なインクを紹介していきますので、また遊びに来てくださいねっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。