色彩雫シリーズ「稲穂」

パイロット社のオリジナルインク、色彩雫(いろしずく)シリーズから「稲穂」を紹介します。

DSCN6685640x480

 

色彩雫シリーズ

パイロット社のオリジナルインクで、「いろしずく」と読みます。

2013年3月現在、全24色のラインナップ。

さまざまな情景を表す言葉が名前になっているところが特徴的です。

香水を思わせるビンは、職人さんがひとつひとつ手作りしているのだとか。

価格は各色1,575円。

この色彩雫シリーズから、今回は茶系の色である「稲穂」を選んでみました。

 

稲穂

稲穂は、茶系のインクです。

箱から出してみると、ビンを通して焦げ茶色のような濃い色に見えます。

稲穂と言う言葉から、黄金色というような明るい色をイメージしていたので、ちょっと意外でした。

ところが実際に書いてみると、黄土色というか、渋い感じの独特の色味です。

濃さもビンに入っていた時とは違ってそれほど濃くはなく、色の濃淡がよく出ます。

実際に書いてみたものが↓です。

DSCN6689640x480

今回は、パイロット「ヘリテイジ91 Mニブ」を使用しました。

写真の下の方は、比較対象の水性ペン、「紙用マッキー」ライトブラウンです。

水性ペンに比べて稲穂は暗い色ですが、重苦しい感じの色ではなく、「渋い」という印象を受けました。

また、色のついた紙よりも、白地の紙に書いたほうが色がうんと映えるのでおすすめです。

 

茶色も新鮮

万年筆のインクというと、どうしても黒や青系に目が行きがちですが、茶系というのも使ってみるとなかなか新鮮味があっていいです。

色彩雫シリーズには、「稲穂」の他に茶系のインクとして「土筆」「山栗」があります。

こちらも、手に入れ次第レビューしたいと思います。

 

最期まで読んでくださって、ありがとうございました。

前後の記事

週間人気記事ランキング

  1. ラミーの左利き用ニブを買ってみた 19ビュー
  2. パイロット カスタム823:レビュー 見た目とサイズ 18ビュー
  3. パイロット カスタムヘリテイジ91:レビュー サイズと見た目 12ビュー
  4. パイロット カスタム823:レビュー プランジャー吸入機構 10ビュー
  5. パイロット カスタム823:レビュー 左手での筆記 7ビュー

レフティ生活・万年筆編もどうぞよろしく!

姉妹サイトのレフティ生活・万年筆編では、これから万年筆を始めてみようという方のための豆知識や、左利きで万年筆をうまく使う方法、私が実際に使っている万年筆の紹介など他にも様々な情報を掲載しています。ぜひご覧ください!↓

メールやコメントお待ちしております

コメントをいただけるととても嬉しいです!ちょっとしたことでもいいのでお気軽にどうぞ。

メールフォームに入力されたメールアドレスは、当サイト上に公開されることはありません。

左利きや万年筆について、どんなことでもコメントやメールでお気軽にどうぞ!

→メールでのお問い合わせはこちらへどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。