ペリカン M205ブルーデモンストレーター レビュー:吸入

以前のエントリ、
ペリカン M205ブルーデモンストレーター レビュー:サイズと見た目の続きです。

まずは吸入から

ペリカン M205 ブルーデモンストレーター

この万年筆は吸入式。なのでまずは吸入です。

ブルーデモンストレーター 吸入 写真

ペン先を底に当てないように気をつけつつインクを吸い上げます。

ちなみに、尾栓に向かって、時計回りに回すと吸入。反時計回りで吐き出しです。

 

目いっぱい吸入したら、尾栓を半回転くらい吐き出し側に回してからペンを取りだします。

ブルーデモンストレーター 吸入直後のペン先 写真

吸入した直後は、写真の丸で囲んだあたりにインクがたまっています。ふき取ってもいいのですが、結構な量なのでもったいない。

そこで、さきほど吐き出し側に回した尾栓を、ここで吸い込み側に回して、ペン先に周りにたまったインクを吸い込みます。ペン先を上に向けて吸い込んでください。

この時に、尾栓の回転方向を間違えると、インクがあふれて大惨事になります。回転方向にお気をつけて…。

ブルーデモンストレーター 溜まったインクを吸入 写真

上手く吸い込むと、写真のようにインクがきれいに吸い込まれます。

付着しているインクをふき取って準備完了です。

 

ブルーデモンストレーター 吸入完了 写真

楽しい吸入作業でした。

ペリカンのインクボトル

ペリカン インクボトル 写真ペリカンのインクボトルです。

青い柄が入っているので、ぱっと見た感じ青のインクだと思いませんか?

実は、これは黒インクです。

色の判別は、写真の丸で囲んだところと、その横の色名で判別します。

僕は青と黒を間違えて吸い込んだことがあります。幸いペンの洗浄直後だったので、色が混ざったりはしませんでしたが…柄が紛らわしいと思うのは、僕だけでしょうか?

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

【ペリカン ブルーデモンストレーターのレビュー】
その1:ペリカン M205 ブルーデモンストレーター
その3:ブルーデモンストレーター 左手で書いてみる
その4: M205 ブルーデモンストレーター まとめ

前後の記事

週間人気記事ランキング

  1. パイロット カスタムヘリテイジ91:レビュー サイズと見た目 10ビュー
  2. ラミーの左利き用ニブを買ってみた 10ビュー
  3. プロフィット21レフティ:レビュー まとめ 9ビュー
  4. ラミーの左利き用ニブを試してみた 8ビュー
  5. パイロット カスタムヘリテイジ91:レビュー まとめ 7ビュー

レフティ生活・万年筆編もどうぞよろしく!

姉妹サイトのレフティ生活・万年筆編では、これから万年筆を始めてみようという方のための豆知識や、左利きで万年筆をうまく使う方法、私が実際に使っている万年筆の紹介など他にも様々な情報を掲載しています。ぜひご覧ください!↓

メールやコメントお待ちしております

コメントをいただけるととても嬉しいです!ちょっとしたことでもいいのでお気軽にどうぞ。

メールフォームに入力されたメールアドレスは、当サイト上に公開されることはありません。

左利きや万年筆について、どんなことでもコメントやメールでお気軽にどうぞ!

→メールでのお問い合わせはこちらへどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。