パイロット カスタムヘリテイジ91:レビュー サイズと見た目

heritage91_title

今回紹介するのは、パイロットのカスタム ヘリテイジ91 Mニブです。

 

カスタム74と似たタイプ

ペン先は14金。豊富なペン先で、大きさは同社のサイズで5号。カートリッジ・コンバーター両対応で、コンバーターは、同社の全サイズに対応しています。価格も、定価10,500円と同じ。

というように、見た目は大きく違いますが、カスタム74と似たタイプの万年筆です。

サイズ比較

では、カスタム74とサイズを比べてみます。

heritage91_sizecustom74_size

丁度両端を平らにした分だけ短くなっています。太さもほぼ同じですね。

 

カラーバリエーションは4色

同社のインク、「色彩雫(いろしずく)」シリーズから人気のある3色+黒の4色が設定されています。

  • ツキヨ:青系
  • ヤマグリ:茶系
  • ヤマブドウ:赤系
  • ブラック:黒

シンプルな形状のクリップ

heritage91_capcustom74_clip

キャップ部分です。天冠部に装飾はありません。

クリップは、カスタム74のような球型の飾りは無く、ストレートな形状。

リング部には、「CUSTOM HERITAGE 91」の刻印が入っています。

 

金のニブと銀のニブ

heritage91_nibcustom74_nib

左がヘリテイジ91、右はカスタム74です。ニブの形は同じですね。

ヘリテイジ91は、カスタム74と同じく、ボディカラーによって、選べるニブが変わります。

  • ブラックは、EF~BBまでの9種類
  • その他の色は、F/FM/M/Bの4種類

となっています。

 

コンバーターを装着

heritage91_bodyheritage91_conv

コンバーターはCON-70を装着。インクの吸入がしやすく、大容量のコンバーターです。

 

左利きならMニブ以上

僕は、左利きで万年筆を使うなら、M以上の太さがいいと思っています。ひっかかりが少なくなるからです。

M以上、といっても、BやBBともなると太すぎて使いにくい場面も増えるでしょうから、やっぱりM、となるわけです。

今回ヘリテイジ91でMを選びましたが、やはり正解だったと思います。次回のレビューで詳しくお伝えしますが、どの持ち方をしてみても、ゴリゴリとした嫌な感触のひっかかりは少なかったのです。ただちょっと線は太めです。小さな字を書く方は、多少使いにくいかもしれません。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

【カスタム ヘリテイジ91のレビュー】
その2:カスタム ヘリテイジ91 左手で書いてみる
その3: ヘリテイジ91 まとめ

前後の記事

週間人気記事ランキング

  1. パイロット カスタム823:レビュー 見た目とサイズ 24ビュー
  2. パイロット カスタム823:レビュー 左手での筆記 12ビュー
  3. パイロット カスタム823:レビュー プランジャー吸入機構 9ビュー
  4. ラミーの左利き用ニブを買ってみた 9ビュー
  5. パイロット カスタム823:レビュー まとめ 7ビュー

レフティ生活・万年筆編もどうぞよろしく!

姉妹サイトのレフティ生活・万年筆編では、これから万年筆を始めてみようという方のための豆知識や、左利きで万年筆をうまく使う方法、私が実際に使っている万年筆の紹介など他にも様々な情報を掲載しています。ぜひご覧ください!↓

メールやコメントお待ちしております

コメントをいただけるととても嬉しいです!ちょっとしたことでもいいのでお気軽にどうぞ。

メールフォームに入力されたメールアドレスは、当サイト上に公開されることはありません。

左利きや万年筆について、どんなことでもコメントやメールでお気軽にどうぞ!

→メールでのお問い合わせはこちらへどうぞ

2 thoughts on “パイロット カスタムヘリテイジ91:レビュー サイズと見た目


  1. ヘリテイジ91は丸善アテナ万年筆によく似ているのでしょうか。クリップの形状などは少し違いますが。ペン先もアテナは10号ペンで、ヘリテイジ91は5号ペンですが。


    • コメントありがとうございます!

      10号クラスのペン先、コンバーターもパイロットのCON-70が使用でき、サイズ(全長)もほぼ同じと、たしかによく似ていますね。

      ヘリテイジにも10号ニブの912というモデルがありますし、もしかしたらベースになっているかもしれませんね。ちょっと調べてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。