カスタム823・Bニブは手帳で使えるか?

アクセス解析をすると、「カスタム823」「線の太さ」といったワードで検索して、当ブログに来られる方が多いようです。

そういうわけで、今回は極端な組み合わせとして、カスタム823のBニブは手帳のような比較的小さな用紙で使えるか?という事を試してみたいと思います。

使う手帳(というかメモ帳ですが)はこちら。↓

左は100円ショップで購入したもので、右はマルマン社の「Mnemosyne」(ニーモシネ)というブランドのメモ帳です。

ニーモシネには各ページ上部にミシン目が切られており、ページを切り取るのが容易です。

 

 

メモ帳 サイズ 写真この通りの手のひらサイズ。

 

 

 

 

 

では実際に書いてみます。まずはニーモシネの方から。

メモ帳 ニーモシネ 写真

 

カスタム823を並べて置いても引けをとらない感じです。

 

メモ帳 ニーモシネ 写真ニーモシネは、上部をリングで束ねているので、このように完全に折り返してコンパクトにできます。この方が書きやすいですね。

 

 

 

 

メモ帳 ニーモシネ 筆跡 1行罫線の幅は5ミリです。

まずは1行ずつ使ってみます。

文字はちょっとつぶれ気味になりますが、読める範囲です。

 

 

ニーモシネ 裏写り 写真裏側を見てみます。

透けてはいますが、にじんでいる様子はありません。

これなら何とか表裏両面を使えそうです。

 

 

 

ニーモシネ 筆跡 2行 写真2行づつ使ってみました。

これなら文字もつぶれませんね。

 

 

 

次は、100円ショップのメモ帳で試してみます。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

前後の記事

週間人気記事ランキング

  1. ラミーの左利き用ニブを買ってみた 20ビュー
  2. ラミーの左利き用ニブを試してみた 8ビュー
  3. パイロット カスタム823:レビュー 見た目とサイズ 7ビュー
  4. パイロット カスタム823:レビュー まとめ 5ビュー
  5. セーラー万年筆 プロフィット21レフティ 左利き用万年筆 4ビュー

レフティ生活・万年筆編もどうぞよろしく!

姉妹サイトのレフティ生活・万年筆編では、これから万年筆を始めてみようという方のための豆知識や、左利きで万年筆をうまく使う方法、私が実際に使っている万年筆の紹介など他にも様々な情報を掲載しています。ぜひご覧ください!↓

メールやコメントお待ちしております

コメントをいただけるととても嬉しいです!ちょっとしたことでもいいのでお気軽にどうぞ。

メールフォームに入力されたメールアドレスは、当サイト上に公開されることはありません。

左利きや万年筆について、どんなことでもコメントやメールでお気軽にどうぞ!

→メールでのお問い合わせはこちらへどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。