続・カスタム823 Bニブは手帳に使えるか?

前回のカスタム823・Bニブは手帳で使えるか?の続きです。

今回試すのはこちら↓

カスタム823 メモ帳 写真

 

100円ショップで買ったメモ帳です。サイズは手のひらサイズ。

カスタム823 メモ帳

前回のニーモシネと違い、こちらは上部がのり止めなので、押さえていないとページが戻ってきてしまいます。

微妙に書きづらい、、、

 

 

 

インクフローが良いことが裏目に

custom823_memo05

罫線の幅はニーモシネと同じく5ミリ。

まずは1行に納めて書いてみます。

盛大に文字が滲む。「室」や「凍」の文字がつぶれてしまっています。

 

custom823_memo06

さらに、インクが裏まで抜けてしまっています。

表裏両面を使うのはちょっと厳しいかも。

 

 

custom823_memo09

ちなみにこちらがニーモシネ。

何とか裏表両面を使えそうです。

裏面へのインクの抜けがここまで違います。

 

 

custom823_memo07

2行づつ使ってみます。

これなら何とか読めますね。

 

 

太いニブはインクフローも良いので、使う時には線の太さだけでなく、使う紙にも少し気を使わなくてはいけないようです。

罫線は豪快に使おう

使う紙を選ぶものの、太字ならではのスラスラという書き味は最高です。

この際、手帳の罫線は無視して、2行、3行を豪快に使ってしまうのはどうでしょう?

インクフローが良いので、書いてすぐに手帳を閉じると、インクが乾ききれずに隣のページに写ってしまうのが欠点です。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

前後の記事

週間人気記事ランキング

  1. パイロット カスタム823:レビュー 見た目とサイズ 21ビュー
  2. パイロット カスタム823:レビュー 左手での筆記 17ビュー
  3. パイロット カスタム823:レビュー まとめ 12ビュー
  4. パイロット カスタム823:レビュー プランジャー吸入機構 11ビュー
  5. ラミーの左利き用ニブを買ってみた 7ビュー

レフティ生活・万年筆編もどうぞよろしく!

姉妹サイトのレフティ生活・万年筆編では、これから万年筆を始めてみようという方のための豆知識や、左利きで万年筆をうまく使う方法、私が実際に使っている万年筆の紹介など他にも様々な情報を掲載しています。ぜひご覧ください!↓

メールやコメントお待ちしております

コメントをいただけるととても嬉しいです!ちょっとしたことでもいいのでお気軽にどうぞ。

メールフォームに入力されたメールアドレスは、当サイト上に公開されることはありません。

左利きや万年筆について、どんなことでもコメントやメールでお気軽にどうぞ!

→メールでのお問い合わせはこちらへどうぞ

2 thoughts on “続・カスタム823 Bニブは手帳に使えるか?


  1. こんにちは!
    インクフローっていうんですね。
    キャブレターのようですねー。
    メイン&パイロットジェットなどで調整できればいいんでしょうが、
    なかなか面白いです!
    マジックでも裏透けしちゃう紙はあるので、そういうのは避けるべきということなんですね


    • SGLさんこんばんは!

      インクフローの調整はペンクリニックにお願いしています。

      自分で調整する方もいらっしゃるようですが、僕は怖くてできません(笑)。

      裏抜けは、細いニブだとそうでもないんですが、ニブが太くなるにつれて

      ドバドバとインクが出るんで、紙によってにじみや裏抜けに結構差が出ますね。

      それでも、太字の万年筆の書き味はまた格別なので手放せません(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。