キャップをかぶせておくだけでも

万年筆片手にテキストを読みながらノートを書いてまた読んで、、、

シャープペンやボールペンならいいのですが、万年筆だとインクの乾きが気になってしょうがない。かといって、いちいちキャップを閉めるのも忙しい。

万年筆 キャップ 写真僕はそういう時、ひとまずキャップを被せるだけにしています。ねじらずにスポッと被せておくだけ。

前にキャップはつけない派で書いたように、僕はペンを使う時にキャップを尻軸に差しません。
キャップは机の上に転がっているので、尻軸から外して付け替える手間がないのが便利。

また、キャップを外したままだと、万年筆は机の端に向かって転がっていくものなので(笑)、転がり防止の効果もあります。テキストを見てたらペンが落ちた、という事故を防げます。

単にキャップを被せておくだけでも、インクの乾きは抑えられます。テキストを読んで、書いて、読んで、、、という繰り返しなら大丈夫です。忘れてそのまま放置しなければ問題ありません。

でも、たまにうっかり次の日に気付いたりすることもあるので、、、

アンケートです。万年筆で書くとき、尻軸にキャップをつけますか?

View Results

Loading ... Loading ...

前後の記事

週間人気記事ランキング

  1. パイロット カスタム823:レビュー 見た目とサイズ 19ビュー
  2. ラミーの左利き用ニブを買ってみた 18ビュー
  3. パイロット カスタム823:レビュー 左手での筆記 12ビュー
  4. 万年筆に必要なモノ 12ビュー
  5. セーラー万年筆 Lecoule(レクル):レビュー サイズと見た目 10ビュー

レフティ生活・万年筆編もどうぞよろしく!

姉妹サイトのレフティ生活・万年筆編では、これから万年筆を始めてみようという方のための豆知識や、左利きで万年筆をうまく使う方法、私が実際に使っている万年筆の紹介など他にも様々な情報を掲載しています。ぜひご覧ください!↓

メールやコメントお待ちしております

コメントをいただけるととても嬉しいです!ちょっとしたことでもいいのでお気軽にどうぞ。

メールフォームに入力されたメールアドレスは、当サイト上に公開されることはありません。

左利きや万年筆について、どんなことでもコメントやメールでお気軽にどうぞ!

→メールでのお問い合わせはこちらへどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。