パイロット カスタム823:レビュー 左手での筆記

いつものように、左利きのいくつかの持ち方でレビューしようと思っていたのですが、今回は持ち方を変えて書き心地を試すという事ができませんでした。

なぜかというと僕の823、今の持ち方に合わせて調整してもらったためか、自分の持ち方以外を受け付けないのです。

別の持ち方を試したところ、妙なひっかかり方をしてしまい、まともに書けません。
どういうところが妙かというと、先端の乾ききったマジックペンで無理やり書いているようなキュキュキュ、、と紙をこする感じです。インクのかすれは無いのですが、ペン先に悪そうな、イヤ~な感触です。

これでは感想が偏ってしまうと思い、今回は自分の持ち方のみで写真を載せたいと思います。

さて、 このカスタム823。書き始める前にちょっと儀式?があるのです。

カスタム823 尾栓 写真カスタム823 尾栓 開ける 写真

前回の記事でも紹介した尾栓の部分を、右の写真のように開けます。

このペンにはインク止めの機構が内蔵されていて、こうやって尾栓を開けることで、インクがペン先に流れていくようになっているんです。とはいえ、尾栓を閉めたままでも、ペン先に残っているインクでA4の用紙一枚くらい書けます。

書き終わったら、尾栓を元通りに閉めておくことをお忘れなく。

ペン先にインクを送ったところで、実際に書いてみます。

カスタム823 筆跡 写真

比較するために、下段にカスタム74で書いてみました。Bニブはやはり太いです。

例えば、中段の「深緑」の深の文字は、縦1センチ、横1.5センチのサイズ。この太さだと、罫線付きのノートなら2行づつ使う方がいいかも。僕は無地の用紙を使っています。

インクもたっぷり出ますので、左利きの方は左手が書いた文字にかぶらないように気を付けてください。書いてすぐには乾きませんので、書き進めるうちに左手でこすってしまう事が多いです。

また、インクの出が多いことで、多少紙を選ぶところも。紙によっては、書いた後にジワ~ッと線がにじんでくるものがあります。

ちなみに、僕が使っている用紙はオキナ株式会社の「Project paper」シリーズのA4無地です。上部でとじるレポート用紙の形式。安価(100枚つづりで470円位)でインクの滲みも少なく、日常使いに丁度良いです。罫線付きや、方眼タイプもあります。

万年筆もBくらいの太さになると、使う場面を選ぶようなところがあります。でも、このスムーズな書き心地は最高です。スラスラと出てくるインクは書いていて実に気持ちいい。
無地の紙に自由な大きさで書く文字。線で囲ったり矢印を引いたりとしているうちに不思議とアイデアがわいてくることも。

大容量で高い持久力

胴軸一杯に吸い込まれたインクは、Bニブの太さでもなかなか減りません。

独特な吸入方法が、カスタム823の楽しみでもあります。でも、インクがなかなか減ってくれません(笑)。

カスタム823のペン先は3種類。このBニブの他に、FとMがあります。

もし、大量にノートを作る、レポート用紙に書く、という用途ならMニブの823がいいと思います。理由は二つあって、まず一つは、ノートやレポート用紙に書く、という事で、字は小さくなりがちです。Bニブで小さな文字を書くとつぶれてしまいます。もう一つは、左利きで細いペン先を使うと、ひっかかりが出やすいので、M以上の太さにした方が良いと考えるからです。

では今回はこの辺で。次回は、カスタム823にちょっと気になる部分があるので、そこを紹介します。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

【パイロット カスタム823のレビュー】
その1:パイロット カスタム823はまるでインクの塊
その2:カスタム823 楽しい吸入タイム
その4:カスタム823 まとめ 

前後の記事

週間人気記事ランキング

  1. パイロット カスタムヘリテイジ91:レビュー まとめ 20ビュー
  2. ラミーの左利き用ニブを買ってみた 14ビュー
  3. セーラー万年筆 Lecoule(レクル):レビュー サイズと見た目 13ビュー
  4. パイロット カスタム74 レビューその2 左手での筆記 8ビュー
  5. パイロット カスタムヘリテイジ91:レビュー サイズと見た目 8ビュー

レフティ生活・万年筆編もどうぞよろしく!

姉妹サイトのレフティ生活・万年筆編では、これから万年筆を始めてみようという方のための豆知識や、左利きで万年筆をうまく使う方法、私が実際に使っている万年筆の紹介など他にも様々な情報を掲載しています。ぜひご覧ください!↓

メールやコメントお待ちしております

コメントをいただけるととても嬉しいです!ちょっとしたことでもいいのでお気軽にどうぞ。

メールフォームに入力されたメールアドレスは、当サイト上に公開されることはありません。

左利きや万年筆について、どんなことでもコメントやメールでお気軽にどうぞ!

→メールでのお問い合わせはこちらへどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。