万年筆を書きやすい傾きに。 とある左利きの話

前回、「左利き:万年筆の傾きと書きやすさ」は、万年筆の傾き具合で書きやすさが大きく変わりますという内容でした。今回は、ならば万年筆を書きやすい傾きにしてしまおうという記事です。もし、前回の記事をまだ見ていないという方は、先にこちらの「左利き:万年筆の傾きと書きやすさ」をご覧ください。

前回は、万年筆の傾きを4つのゾーンに分けてみました。下は、それをまとめたものです。

万年筆 左利き 書きやすさ 図

左手で万年筆を使う場合、左下のゾーンから始まって、時計回りに右上のゾーンに向かうにつれて、万年筆は書きにくくなります。上から見た傾きだけではなく、右上のゾーンに近いほど、万年筆が立ち気味になる、という事もあります。万年筆は、ある程度寝かせないとうまく書けません。

目指すは右下の「使いやすい」ゾーン

今、書きにくかったとしても、上図の矢印のように、右下のゾーンに向かって万年筆の傾きを変えていくことはできます。

例として、「巻き込むような持ち方」を考えます。この持ち方は、上の図でいうと「使いにくい」と「とても使いにくい」の境界付近にあります。

巻き込む持ち方は、「書きにくい」~「とても書きにくい」のゾーン

万年筆 左利き 持ち方 巻き込む 写真このような形の持ち方です。実際には、もっと右側に傾いて、ペンが右上から左下に向いている方も多いと思います。

ペンは、十字で区切った左上の「使いにくい」ゾーンに位置しています。

 

まずは、「書きにくい」~「普通」の境界へ

万年筆 左利き 持ち方 押して書く 写真手をそのままずらしていきます。ペン先を中心に回転させる感じです。

この時に、指を自然に伸ばしてペンを持つと、ペンが少し寝ますので、もっと楽に書くことができます。力を抜いて、ペンを握りしめないようにします。(写真では握りしめた状態です)

 

「普通」のゾーン

万年筆 左利き 持ち方 普通 写真上図で、ペンを軽く持ったら、ちょっとだけ手を内側に倒します。ここまで来たら、万年筆のひっかかりやインクのかすれは、だいぶ改善されているかと思います。

 

 

「普通」~「書きやすい」ゾーンへ

万年筆 左利き 持ち方 書きやすい 写真上の状態から、さらに手を内側に倒します。親指側まで下につけるような感じです。同時に、紙は体の正面ではなく、左手の前に持っていきます。

万年筆は、親指の付け根に乗せるようにして寝かせます。

筆記時は、指の曲げ伸ばしや、手首だけを動かして書くのではなく、手全体を動かすようにして書いています。

ボールペンやシャープペンでも

上の4枚の写真を見て、万年筆が反時計回りに動いているのがお分かりでしょうか?

また、ちょっとわかりにくいですが、立ち気味だった万年筆が、だんだんと寝かせ気味に変わっていきます。

僕は、このように持ち方を工夫していくことで、左手での書きにくさを改善しました。

この持ち方は、万年筆に限らず、ボールペンでもシャープペンでも同じように使えます。ペンの種類によって、立たせたり寝かせたりという調整をするだけです。

簡単です

複雑な事を書いているようですが、書きやすい持ち方にする事は、実は簡単です。

ペンを持った状態で、

  1. 人差し指の付け根が上を向くようにして、
  2. 手の甲全体が見えるようにして、
  3. 腕を動かすように意識して書く

だけです。ただし、力を抜いて、ペンを握りしめないようにします。

 これだけです。簡単でしょう?

あくまで我流です

この持ち方が、「正しい持ち方」という事ではありません。他にもっといいやり方があるのかもしれません。あくまで、一つの考え方という事で見ていただければと思います。

レフティ生活 万年筆編 にも掲載中

運営サイトの「レフティ生活 万年筆編」にも、左利きでの万年筆の持ち方について、詳しい情報を掲載中ですので、どうぞご覧ください。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

前後の記事

週間人気記事ランキング

  1. パイロット カスタム823:レビュー 見た目とサイズ 19ビュー
  2. ラミーの左利き用ニブを買ってみた 18ビュー
  3. パイロット カスタム823:レビュー 左手での筆記 12ビュー
  4. 万年筆に必要なモノ 12ビュー
  5. セーラー万年筆 Lecoule(レクル):レビュー サイズと見た目 10ビュー

レフティ生活・万年筆編もどうぞよろしく!

姉妹サイトのレフティ生活・万年筆編では、これから万年筆を始めてみようという方のための豆知識や、左利きで万年筆をうまく使う方法、私が実際に使っている万年筆の紹介など他にも様々な情報を掲載しています。ぜひご覧ください!↓

メールやコメントお待ちしております

コメントをいただけるととても嬉しいです!ちょっとしたことでもいいのでお気軽にどうぞ。

メールフォームに入力されたメールアドレスは、当サイト上に公開されることはありません。

左利きや万年筆について、どんなことでもコメントやメールでお気軽にどうぞ!

→メールでのお問い合わせはこちらへどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。