万年筆に必要なモノ

今回は、左利き右利き関係なく、万年筆を使うに当たって、最初にそろえるもの、という話です。


今までの記事を読んで、「これなら万年筆を使えるかも」と思ってくださった方。検索していたらたまたまこの記事を見つけたという方。万年筆を使うには、最初にこういうものが必要です。

万年筆

コレがないと始まりません。予算や希望のペン先に併せて選びます。

予算については、大体ですが、カジュアル万年筆と呼ばれるタイプが、3千円~5千円位です。ここから、1万円クラス。2万円クラス。3万円クラス、、、と上がっていきます。

最初の一本の場合、万年筆本体以外にも揃えなくてはならないものがありますので、あまり予算一杯のペンを買ってしまわないようお気をつけください。

インク

インクも必須です。

万年筆を買ったときに、ボトルインクがセットになっていたり、カートリッジインクが何本かついてくる場合もあります。

カートリッジインクは、あらかじめインクの入った容器です。万年筆に差し込むだけで使えます。

ボトルインクはその名の通り、ボトルに入ったインクで、ここから万年筆にインクを吸い上げて使います。使う前にインクの吸入という作業が必要ですが、これぞ万年筆の醍醐味!と個人的には思います。楽しいですよ。

使う万年筆の種類によって、カートリッジインクを使うのか、ボトルインクを使うのかが決まります。

万年筆の詳細を見たときに、「カートリッジ・コンバーター対応」となっていれば、カートリッジインクとボトルインク両方が使えます。ただし、ボトルインクを使うには、「コンバーター」が必要になります。

「吸入式」となっていれば、ボトルインクのみで、カートリッジインクは使えません。

ボトルインクは各社から数え切れないくらいの種類が発売されています。中には使ってみたい!と思う色があるかもしれません。しかし、最初のうちは、万年筆本体と同じメーカーのインクを使う方がいいでしょう。

コンバーター

インクを吸入するための機構を内蔵した容器です。カートリッジインクの代わりに万年筆にセットします。

コンバーターを使うことで、吸入式の万年筆として、インクを吸入して使うことができます。カートリッジインクよりもボトルインクの方が色が豊富です。お好きな色を選んで使う事ができます。

基本的に万年筆本体と同じメーカーのコンバーターを使います。
ただし、同じメーカーでもコンバーターが数種類あります。自分の万年筆が、どのコンバーターを使えるのか、あらかじめ確認しなければなりません。

例えば、万年筆が細身のモデルだった場合、通常よりも細いタイプのコンバーターを使う。ということがあります。(通常のサイズだと、胴軸に収まらないため)

用紙

実際に書くための用紙です。
何でもいいかというとそうでもなく、シャープペンやボールペンでは何の問題もない用紙でも、万年筆になるとインクがにじんでぼやけた字になったり、裏側にまでにじみが出てしまったりということもあります。
万年筆用のノートなどもありますが、普段使いとしてガシガシ使うにはちょっと高価なものがあります。

そんな中で、そこそこのお値段で万年筆に向いたノート、しかも入手しやすい。といえば、「ツバメノート」が挙がります。フールス紙という紙を使っていて、裏写りもなく、インクもきれいに吸収されてにじみません。
ツバメノートには、罫線付き・無地の他、さまざまな種類のノートがあります。

ほかに、僕が普段使っているのが、オキナ株式会社の「Project Paper 無地」です。紙の短辺側で閉じるレポート用紙の形式。いつも使うのは、B5サイズ100枚綴りで400円前後です。

万年筆用の用紙、というわけではありません。しかし、インクのにじみ、裏写り共に少ないので、普段使いに重宝しています。

あまり店頭に置いていない感じがしますが、お店によっては、一般のノート・レポート用紙のコーナーではなく、製図用品のコーナーに置いてあったりすることもあるので油断できません。

このProject Paperで、Bニブのカスタム823を使うと、さすがに多少にじみます。が、僕は十分許容範囲と考えて両面を使っています。

万年筆の場合、ペン先の太さによってインクの出方が違います。細いペン先ではにじまなくても、太いペン先は豊富にインクが出るため、裏側ににじんでしまう事があるのです。

必要に応じて、徐々に

この4つ(コンバーターはいらない場合もあります)がそろっていれば、万年筆を使うことができます。ほかにもあれば便利な道具というのもありますが、そういったものは万年筆を使い慣れてからでいいと思います。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

前後の記事

週間人気記事ランキング

  1. ラミーの左利き用ニブを買ってみた 19ビュー
  2. パイロット カスタム823:レビュー 見た目とサイズ 13ビュー
  3. パイロット カスタム823:レビュー 左手での筆記 12ビュー
  4. パイロット カスタム823:レビュー プランジャー吸入機構 11ビュー
  5. パイロット カスタム74 レビューその1 外観 9ビュー

レフティ生活・万年筆編もどうぞよろしく!

姉妹サイトのレフティ生活・万年筆編では、これから万年筆を始めてみようという方のための豆知識や、左利きで万年筆をうまく使う方法、私が実際に使っている万年筆の紹介など他にも様々な情報を掲載しています。ぜひご覧ください!↓

メールやコメントお待ちしております

コメントをいただけるととても嬉しいです!ちょっとしたことでもいいのでお気軽にどうぞ。

メールフォームに入力されたメールアドレスは、当サイト上に公開されることはありません。

左利きや万年筆について、どんなことでもコメントやメールでお気軽にどうぞ!

→メールでのお問い合わせはこちらへどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。