万年筆を運ぶモノ

万年筆を持ち歩くのってどうしてます?

僕は、こんなケースを使ってます。↓

ペンケース ペリカン 本革 写真

ペリカンの本革ペンケース。本革製です。

 

これを手に入れるまでは、1本差しのケースを使ってたんですが…

物足りない! やっぱり太さやインクの色の違うペンを一緒に持ち歩きたい、けれどもあまり大きなモノはかさばる。ということで、3本差しに決定。持ち運びに丁度良い大きさです。

見た目は小さいですが、大型の万年筆でもきちんと3本入ります。

ペンケース ペリカン 万年筆 写真

左から、カスタム823、サファリ、アルスターと、大きめの万年筆を3本差してみました。サファリとアルスターはクリップ部分がやたらと大きく、横に張り出しているんですが、きちんと収まりました。

仕切りも入っていて、中でペン同士がぶつかることはありません。

 

ペンケース ペリカン 仕切り 写真

中の仕切りはこんな感じです。この仕切りは、奥の方まで続いているので、ケースの中で万年筆がガチャガチャぶつかる心配はありません。でも、振り回しは厳禁ですよ。

 

ペンケース ペリカン 背面 写真

ペンケース ペリカン 横側 写真ペンケース ペリカン ロゴマーク 写真

蓋を抑える部分には、ペリカンのシンボルマークがついています。

3本というのは実に良い数字。1本じゃ足りない。5本じゃかさばる。というわけで、かさばらずに持ち歩ける丁~度いい本数です。インクの色の違う3本を持って行って、とっかえひっかえ使うのもいいですよ~。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

前後の記事

週間人気記事ランキング

  1. パイロット カスタム823:レビュー 見た目とサイズ 21ビュー
  2. パイロット カスタム823:レビュー 左手での筆記 17ビュー
  3. パイロット カスタム823:レビュー まとめ 12ビュー
  4. パイロット カスタム823:レビュー プランジャー吸入機構 11ビュー
  5. ラミーの左利き用ニブを買ってみた 7ビュー

レフティ生活・万年筆編もどうぞよろしく!

姉妹サイトのレフティ生活・万年筆編では、これから万年筆を始めてみようという方のための豆知識や、左利きで万年筆をうまく使う方法、私が実際に使っている万年筆の紹介など他にも様々な情報を掲載しています。ぜひご覧ください!↓

メールやコメントお待ちしております

コメントをいただけるととても嬉しいです!ちょっとしたことでもいいのでお気軽にどうぞ。

メールフォームに入力されたメールアドレスは、当サイト上に公開されることはありません。

左利きや万年筆について、どんなことでもコメントやメールでお気軽にどうぞ!

→メールでのお問い合わせはこちらへどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。