キャップは外して使ってます

前回「とある左利きの、万年筆の持ちかた」の続きです。

万年筆のキャップを外して使う、というのが今回のお話です。

 

注:これが左利きの正しい持ち方というわけではありません。

以前のエントリ「キャップはつけない派」で紹介したとおり、
万年筆で書くとき、僕はだいたいキャップを外して使っています。

キャップを外す理由は3つあります。

 

ペン先が持ち上がって書きにくいから。

僕の万年筆の持ち方は、ペンを寝かせて持ちます。

万年筆を親指の付け根に乗せるようにして支えています。

キャップを後ろにさした万年筆だと、親指の付け根を支点として、
シーソーのようにペン先を持ちあげる力がかかります。

style11

この力に対抗して、常に万年筆を押さえなければなりません。
そうすると、余計な力が入ることになり、筆圧も大きくなります。

さらに、万年筆を動かすたび、ペンの後ろ側が左右に振られて、
動かしにくいです。

キャップを外すことで、支点から後ろの長さを短くしてやれば、
ペン先が持ち上がることもなく、楽に動かせるようになります。

style12

 

手が疲れるから。

ペン先が持ち上がったり、後ろ側が振られたりでは、万年筆が安定しません。

安定しないので、押さえるために、余計な力をかけることになります。

常に万年筆を押さえているので、手が疲れてきます。
楽に書けるのが万年筆の強みですから、これはいただけません。

また、余計な力が入ることで、書くスピードも落ちてきます。

 

ちょっとした小ワザが使えるから。

これは別のエントリで紹介しようと思いますが、
僕は、外したキャップ+ペンケースを簡易ペンスタンドとして利用しています。

出先で万年筆を使う時にはとても便利です。

 

元々短い万年筆

要は万年筆が「長い」ので、
キャップを外して短くしよう。ということなんですが、
中には元々短いサイズの万年筆もあります。

以前紹介した、「プレラ」や「レクル」のようなショートサイズの万年筆は、
キャップをつけないと収まりが悪くて、逆に書きにくいです。
元が短かすぎるんですね。

ですので、ショートサイズの万年筆は、キャップをさして使っています。
そうなると、3番目の小ワザが使えなくなるのが残念です。

 

あえてセオリーから外れてみる

万年筆は、キャップを後ろにさしたときに、最適な長さとバランスになります。

筆記時にはキャップを後ろに指すのが普通かと思います。

しかし、書いていてどうもしっくりこないなら、あえてキャップを外してみてはいかがでしょう。意外に書きやすいかもしれませんよ?

 

注意することが一つあって、キャップを外した万年筆はよく転がります。

転がって机から落ちると洒落になりませんので、その点だけはご注意を…。

 

次回は、本文中に書いた便利な小ワザについて書く予定です。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

前後の記事

週間人気記事ランキング

  1. パイロット カスタム823:レビュー 見た目とサイズ 19ビュー
  2. ラミーの左利き用ニブを買ってみた 18ビュー
  3. パイロット カスタム823:レビュー 左手での筆記 12ビュー
  4. 万年筆に必要なモノ 12ビュー
  5. セーラー万年筆 Lecoule(レクル):レビュー サイズと見た目 10ビュー

レフティ生活・万年筆編もどうぞよろしく!

姉妹サイトのレフティ生活・万年筆編では、これから万年筆を始めてみようという方のための豆知識や、左利きで万年筆をうまく使う方法、私が実際に使っている万年筆の紹介など他にも様々な情報を掲載しています。ぜひご覧ください!↓

メールやコメントお待ちしております

コメントをいただけるととても嬉しいです!ちょっとしたことでもいいのでお気軽にどうぞ。

メールフォームに入力されたメールアドレスは、当サイト上に公開されることはありません。

左利きや万年筆について、どんなことでもコメントやメールでお気軽にどうぞ!

→メールでのお問い合わせはこちらへどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。