持ち方を工夫してみる

左利きで万年筆を使いやすくするための方法はいくつかあります。

その中で、私が最も効果のある方法だと思うのが、万年筆の持ち方自体を変えてしまうことです。

利き手を変えることに比べれば、持ち方を変えることはそれほど難しくはありません。

しかも費用もかからないのです。さらに万年筆以外の筆記具にも応用がきくといいことずくめ。

ここでは、私が実際にやっている持ち方をご紹介します。

 

私の持ち方

私の持ち方です。この持ち方で、文字を書くときの不満はほぼすべて解決しました。

※左利きの正しい持ち方というわけではありません

ペンの角度

寝かせるか、立たせるか。ペンによって違います。

手を動かす

この持ち方の重要な部分です。

紙は左手の前に

紙を置く場所も工夫します。真正面はNG。

文章が曲がるときは

利き手や持ち方に限らず、字を書くときはやっぱり姿勢が大事です。