紙は左手の前に

左手で書くときには、紙をどこに置くかで書きやすさが変わってきます。

書き進めていっても、

  • 文字が遠すぎない
  • 「押して書く」状態にならない

という位置に用紙を置きます。

手が自然に動かせる位置に

私は、紙を体の正面ではなく左手の前に置くようにしています。

自分から見て、左からノート、テキスト、資料という順番で置いています。

左手の前、というのは、両手を自然に机に置いたときに、左手が置かれている位置です。

mystyle15l

紙の左端から書き始めたとします。「手」で書くで書いたとおり、書き進めるにしたがって、右側に傾いていたペンが左側に起き上がってきます。

mystyle16l

1行一杯に書いて右端まで来ました。このときに、ペンがまっすぐ立っているか、少し右に傾くくらいが丁度いい紙の位置です。

 

紙が左右に寄りすぎていると

mystyle13l

紙が左側に寄りすぎると、書き始めに文字が遠くて見えづらいです。

ペン先が手に隠れて見えないようだと、紙が左に離れすぎています。

逆に紙が右側に寄りすぎている、つまり体の正面に近いと、書き進めるにつれてペンが左側に傾いてしまい、ペン先を押して書くという状態になってしまいます。

mystyle14l

ノートの右側ページに書くときは、ノート自体を左にずらして書く面が左手の前に来るようにします。

私はこういった左右開きのノートは使わず、上で閉じるレポートパッド形式のものを使っています。このタイプだとページは上に開くので、ページをめくるたびに左右に位置をずらす必要がありません。