ブルーブラックにご用心

染料インク、顔料インクに続いて、次はブルーブラックインクです。

これがちょっとややこしいのですが、ブルーブラックインクには2種類あって、

ブルーブラックの色をした染料インクと、

本物のブルーブラックインクとがあります。

 

ブルーブラックの色をした染料インクというのは、ブルーブラックの色をしているだけです。

よって、性質や扱いは染料インクと同じになります。

対して本物のブルーブラックインクというのは、

俗に「古典ブルーブラック」と呼ばれているものです。

こちらは簡単に言うと、化学変化を利用して色を出すインクです。

退色しないので、昔は公文書にも使われていました。

筆記後時間がたつにつれて、インク内に含まれる鉄の成分が酸化し、黒い沈殿物ができます。

この沈殿物は水に強いので、変化した後は耐水性を持つようになります。

書いた直後は青と黒の中間色で、時間の経過とともに黒く変化するのも特徴です。

 

古典ブルーブラックインクは空気に触れると酸化反応が始まります。

ということは、ペン先についているインク内でも反応がおこるということになります。

もしペン先で沈殿物ができてしまうと、インクが詰まってしまうので、

古典ブルーブラックの扱いには注意が必要です。

長期間インクをいれたままにしないということのほかに、使わなくなったらインクを完全に洗い流すことも必要です。

残ったインクが空気と反応して固まってしまいますから。

 

古典ブルーブラックインクは強い酸性を持つので、ペン先を腐食させてしまいます。

ブルーブラックインクを入れたからといって、ペン先がいきなりだめになるわけではありません。

ですが、腐食から守るためにペン先に金を使うようになったという話があるくらいですので、

ペン先を少なからず攻撃するということは知っておいたほうがいいと思います。

 

現在、古典ブルーブラックインクを作っているメーカーとして有名なのは、

  • モンブラン(ミッドナイトブルー)
  • ペリカン(ブルーブラック)
  • ラミー(ブルーブラック)
  • プラチナ万年筆(ブルーブラック)

の4社です(いずれもボトルインク)。

 

古典ブルーブラックインクは扱いに多少気を使う必要があります。が…

  • キャップを外して放置しない
  • 長期間使わないときは、インクを抜いて残ったインクは洗い流す
  • こまめに書く

というのは使うインクに関わらず万年筆の基本です。

基本を守っていれば、それほど神経質になる必要はないでしょう。