最初に用意するもの

初めて万年筆を使うにあたって、最低限揃えなくてはならないものがあります。

 

万年筆

まずはこれがなくては始まりません。

左利きの場合は、どれでも好きに選べるとは限らないので注意が必要です。

どれを選べばいいかわからないという方は、左利き用万年筆や、私の使う万年筆を参考にしていただければと思います。

もしあなたが左利きで、さらに万年筆を初めて使うのなら、最初はペン先が鉄の比較的低価格なペンがおススメです。

なぜかというと、ボールペンと異なり、万年筆は筆圧をあまりかけずに使います。

筆圧をかけすぎると、ペン先が大きく開いてインクが出すぎたり、逆にインク切れを起こしたりしてしまうのです。

鉄ペンは金ペンに比べてペン先が硬いので、多少筆圧が高くてもペン先がたわまず、シッカリと支えてくれます。ボールペンに近い感覚で使うことができます。

ちなみに、ペン先が鉄(ステンレスなど)の万年筆を通称「鉄ペン」、ペン先が18金や21金などの「金」でできている万年筆を通称「金ペン」と呼びます。

力を抜いて書くことに慣れてから、ペン先が金の万年筆に進むと使いやすいです。

 

インク

字を書くには、万年筆にインクをいれなければなりません。

このインクにはカートリッジインクとボトルインクとがあります。
使う万年筆に合わせてどちらかを選んでください。

カートリッジインクはあらかじめインクが封入されていて、万年筆に差し込むだけで使えます。
カートリッジを万年筆本体に差し込むだけですので、手も汚れません。

気軽に扱えますが、少々割高になります。

セットしたら途中で抜き取らずに使い切ってください。

途中で抜き取ると、残ったインクがあふれてしまい、後始末が面倒です。

カートリッジインクは、基本的に万年筆本体と同じメーカーの物を使用します。

海外の万年筆だと、違うメーカーでもカートリッジは共通というタイプもありますが、ややこしくなるので、慣れるまでは万年筆と同じメーカーのカートリッジを使うことをおすすめします。

ボトルインクは、大きなビン(ガラス製など)にインクが入っています。

これを吸引式の万年筆、またはコンバーターを装着した万年筆を使って、インクを吸い込んで使います。

こちらも、万年筆本体と同じメーカー製を使うのが基本です。

別メーカーのインクを使うのは、自己責任という形になります。

 

コンバーター

カートリッジ・コンバーター両対応の万年筆に使います。

これをカートリッジの代わりに万年筆にセットすると、インクを吸引できるようになります。

万年筆本体と同じメーカーの物を使います。

しかし、同じメーカーでも複数の種類があります。

何でも使えるわけではありません。

例えば、パイロット製の万年筆の場合、コンバーターが3種類あります。

万年筆ごとにどのコンバーターが使えるか決まっていますので注意が必要です。

 

用紙

実際に書くための紙です。

実は、これも何でもいいというわけではありません。

通常シャープペンなどで使うノートやルーズリーフには、万年筆のインクと相性の良くない物があります。

インクがきれいに吸収されずにジワっとにじんだ線になったり、インクが吸収されにくくて乾きが遅かったり、紙が薄くて裏側ににじんだりする事があります。

万年筆用に作られているノート等もありますが、普通のノートと比べて、少々高価です。

私が使っているのは、オキナ株式会社の「プロジェクトペーパー 無地」という用紙です。

レポート用紙のように上側でとじる形式で、A4サイズ100枚つづりで500円ほどです。

万年筆のインクもにじまず裏写りも少ないので、両面も何とか使えます。

お店によっては、製図用品のコーナーにあるかもしれません。

最低限以上の物があれば、万年筆は使えます。

他にも、あれば便利という物もありますが、必要に応じて揃えていただければと思います。