文字が隠れる

左手の位置からくる問題もあります。

左利きで横書きの場合、通常左から右に向かって書いていきます。

左手で文章を書き進めていくうちに、書いた文字が左手に隠れてしまいます。

そのままでは文字が隠れて見づらいので、文章をまっすぐに書くことが難しく、しだいに曲がってきます。

また、万年筆やボールペンを使っていると、書いた直後のインクをこすって汚してしまう、
なんていうことも起こりがちです。

書いた文字を汚さないようにすると、左利き特有の巻き込むような持ち方になったり、
文字の左下側からペンを伸ばして、「押して書く」筆記になってしまいます。

では、左利きではどうしようもないのかというと、そんなことはありません。

現に私の持ち方だと、文字が隠れてしまうこともありませんし、書いた直後のインクをこすってしまうということも起こりません。

持ち方の工夫で十分乗り越えられる問題です。

詳しくは、「持ち方を工夫してみる」で書きたいと思います。