巻き込む持ち方

私は今までにいろいろなペンの持ち方をしてきました。

どういう持ち方をしてきたかをご紹介します。

あなたも、同じような持ち方をしていませんか?

変わる持ち方

最初はこの持ち方。

style01l

右手で鉛筆を持った形を鏡に写したような持ち方です。

当然、押して書く書き方になります。

これでは書きにくいので、やがて鉛筆やシャープペンシルを強く握りしめて

力を込める書き方に変わります。

style02l

これも押して書く書き方。

そして、書いた文字が左手で

隠れてしまうのが嫌で、

左利き特有の巻きこむ持ち方へ。

style03l

おそらくこの持ち方をしている方が多いのではないでしょうか?

やはり力をこめて書くので、シャープの芯がしょっちゅう折れたのを覚えています。

万年筆を使うようになってからは、万年筆に合わせて持ち方を変えていきました。

現在の持ち方はこんな感じです。

lecoule_style3

上から見た時に、ペンが右側に倒れるのがポイントです。

これにより、ペン先で紙を突くことがなくなるので書きやすいです。

写真では万年筆を持っていますが、ボールペン(水性油性を問わず)、鉛筆、シャープペンシルと何を使っても快適に書けるようになりました。

詳しくは、「持ち方を工夫してみる」で書きたいと思います。